自宅の電話でできる当たる手相占いとは何なのか?

自分で簡単に診断できる占いの一つに手相占いがあります。左手の相は生まれ持ったもの、右手の相は自ら切り開いていくものとされ、これからの自分がどのように生きていくか考えるのにあたって一番有効な占いといえるのではないでしょうか。良く耳にするのが生命線や感情線、運命線であったりしますが、最近では聞き覚えのない線に注目が集まっているようです。

PR>>占い 当たる http://denwa-hyouban.com/

仏眼、といって親指の第一関節に現れる目の形があります。困ったときには先祖や神仏の守護があり願ったことはたいていかなうともいわれています。ソロモンの環は人差し指の付け根を取り囲むようにある線です。めったにみられない相で、強運の持ち主に現れることが多いといいます。

くっきりと出ていれば頭もよく、社会的地位を手に入れることができるともいわれています。土星環は、中指の付け根を取り囲むようにある線です。芸術的な才能の持ち主であることが多く作家やクリエイターに向いているとされていますが、孤独が好きな変わり者にも多くみられます。

太陽線は薬指に向かって伸びる線です。成功線、人気線とも言われカリスマ性があることを表しています。聖職紋といって、人差し指の下に出る井の形は人を導く力があるといいます。人差し指と中指の下あたりに斜めにかかる造形線が表れた人はものを作り出すことが得意な人とされています。

また直感線といい、小指の下方、手首のすぐ上の月丘をぐるりと囲む線が出ていたらギャンブルで大穴をあてるといわれます。全体的に縦の線が目立つ手のひらは可能性を秘めているといわれるそうです。とはいえ自宅での診断ではなかなかわかりにくい場合もあるので、一度プロの占い師にみてもらうと、興味深い結果が得られるかもしれません。

◆仕事運を上昇させるには当たると評判の占い師からの的確なアドバイスが必要

仕事運を上昇させるには当たると評判の占い師からの的確なアドバイスが必要

自分の仕事について考えたことはありますか?今の仕事は自分にとっての適職だと思いますか?仕事運を知り、対策を考えることでより良い人生を送りましょう。あなたにとって仕事とは何でしょうか。ただ単に生活費を稼ぐためのもの、生きがい、目的を果たすための手段、人によって捉え方は様々だと思います。

ですがそれが何であれ、仕事運について知ることは実に有意義なことです。生活費を稼ぐためだけの仕事だとしても、その仕事が自分に合っているのか、仕事への取り組み方は適切か、仕事運を高めるためにどうすればよいのか、といったことを知った上で対策を立て、適職とすることが大切です。

もし、鑑定結果によって今の仕事が自分に合っていないことがわかれば、転職も考えに入れた方が良いでしょう。仕事に対する姿勢がどうであれ、適職に就くことは人生を豊かにするからです。また、仕事運を向上させたければ、自分自身を変えるということも必要です。

今のご時世、そう簡単に仕事を変えるわけにもいきませんから、自分の方を変えることで今の仕事を適職とする方法もあります。いずれにせよ、自分自身を客観的に見つめ直す作業が必要です。自分はどういう人間なのか、過去を遡り、どういった決断をしてきたか、どのような出来事があったのか、それによってこれからの自分の運勢が決まるのです。

仕事運、恋愛運などと言いますが、それぞれは関連し合っています。どれか一つが悪くなれば他も悪くなるように、互いに影響を及ぼしあっているのです。それは運勢というものが、過去の行いから生まれるものだからです。ですから仕事の運気を上昇させたければ、ただ仕事に対して真剣に取り組めば良いというのではなく、自分の過去を見つめ直し、行いを正すことが必要なのです。

◆タロットカード占いは当たる確率が高いのでしょうか?

タロット占いで利用するのは「タロットカード」です。これを利用しながら質問者の運勢や気になる相手の気持ちを鑑定します。基本的な考えは偶然でてきたタロットカードが占いをする相手に何かしらの意味を持っているということです。タロットカードは全部で78枚からなっています。

22枚の大アルカナカードと56枚の小アルカナカードです。それぞれのタロットカードには謎めいた絵が描かれています。アルカナというのはラテン語で秘密・神秘という意味があるのです。

■タロットの占い方法
大アルカナの22枚だけを使う方法と、小アルカナも含めたフルカードでやる方法もあります。出たカードが正位置か逆位置かによってもカードも持つ意味が違ってきます。基本的には正位置はタロットカードのポジティブな側面を意味します。逆位置の場合はネガティブな側面を意味するのです。

近頃ではタロットカードの位置にこだわる必要はないという占い師も多いです。占い師によってタロットカードの解釈は違います。

■タロット占いの起源は15世紀のイタリアです

タロットカード占いは当たる確率が高いのでしょうか?

当時は占いや魔術のためにタロットが使われたのではなくて、主にゲームで使われるツールでした。タロット占いが現在のブームになったきっかけは1970年から80年代の英国や米国で起こったスピリチュアル運動でした。これは<ニューエイジ・ムーブメント>と呼ばれますが、これを期にタロット占いをカウンセリングに応用したりしたのです。

■タロット占いの手順
まずは大アルカナと小アルカナの合計78枚のカードから質問者を示すカードを1枚選びます。通常は、小アルカナのコートカードと呼ばれる絵札から、相手の性別や年齢を考慮しながら選ぶようです。1枚のカードを選んだら、残りのカードをかき混ぜます。

これをシャッフルといいます。シャッフルしたら、1番上のカードから引いて配置してゆきます。配置するレイアウトで一番有名なのは「ケルト十字」という方法です。カードを並べたら、そのカードの占い結果を鑑定して質問に合った解釈をします。